オルニチンは肝臓の機能を向上・修復してくれる効果を持つ

肝臓は70%から80%程度が失われても、半年後には元の大きさに戻っているほど再生能力が強いため、少々傷ついたところで特に異常なく機能するという特性があります。ただ、このせいで肝臓の異変に本人がそれを自覚しないことも少なくなく、症状が現れるころには病気が進行してしまっていることも少なくないため、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。オルチニンには適性な摂取量があり、だいたい1日に500mg~1000mg程度が良いと言われています。500mgと1000mgだと倍も違いますが、人には個体差があります。人は身長持ちがえば体重も異なり、胃腸にも同じように差があります。自分の適正量をしるには、日々少しずつ量を変えたりして、ぴったり良い量やタイミングを見つけるようにして頂戴。オルチニンはオルチニンサイクル機能によって、アルコールの分解と同時に、発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、アルコールを効果的に処理することができます。オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、持ちろんお酒の前にサプリを飲むべきです。最悪、酔いつぶれる前には飲んで頂戴。後は眠っている間にオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解が速やかにおこなわれるでしょう。体内のオルチニンサイクルにより、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、腎臓は負担なく簡単に尿として排出指せることが可能なんです。ただし、オルチニン不足によってオルチニンサイクルが機能しなくなり、アンモニアがどんどん増え、オルチニンの効果が不十分になってくると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。どんな目的でオルニチンを摂取するかは人によってバラバラですが、オルニチンの効果としてよく知られているのは、肝機能を上げて回復力を高めることにより、体脂肪を燃焼指せるということです。アルコールの過剰摂取で数値が悪くなっている方、肝臓が弱ってしまっている方や、スッキリと痩せたい方などには、ピッタリの成分といえますね。オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。 人体のタンパク質を構成しているのはアミノ酸ですが、オルチニンというのはちょっと特殊なアミノ酸で、タンパク質にならずに遊離した状態で遊離アミノ酸という物質が基になっているのです。遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、血液と供に体内を巡って各器官の働きを補助しています。こうして体内に取り込まれたオルチニンは、肝機能を向上指せアルコールによる悪影響を予防してくれるのです。アミノ酸の一種には、ほかにもシトルリンとアルギニンがあり、人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)のサプリメントにもなっています。オルチニンは成長ホルモン(筋肉トレーニングや加圧トレーニングをすることでも分泌量を増やすことができるといわれています)の分泌を促すことでも知られていて、他のアミノ酸と供にオルチニンがサプリメントに配合されることもあります。このため筋トレをしている、トレーニング中の方にも有効です。ただ健康になるためだけではなく、美容目的やダイエットといった効果も狙って、オルチニンのサプリメントを飲む方も、ますます多くなっています。オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、効率的にアルコールの分解や有毒物質の排出機能を高めてくれます。結果、二日酔いを予防したり、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も十分に期待できます。オルニチンサプリを飲んでいるからといって、調子に乗ってアルコールをとり過ぎると、逆に肝臓の機能を悪化指せかねないので注意が必要です。肝臓ではオルニチンサイクルの他に、もうひとつ、TCAサイクルと呼ばれるものもおこなわれます。このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で働く代謝回路で、脂質、炭水化物、およびたんぱく質からATPをつくり出す働きがあります。人間の筋肉はこのATPによって動いていて、まさに人間の命を支えている物質です。アンモニアというのは、このTCAサイクルを妨害することがわかっています。身体の中ではオルチニンは作られないため外部から摂取する必要があります。しかし、十分なオルチニンをご飯によって摂取するには膨大な量のご飯が必要になります。十分にオルチニンサイクルを活性化指せるために必須のオルチニン量は個人差がありますが、1日に400mgくらいが平均的な量です。しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。あわせて読むとおすすめ⇒オルニチンサプリ比較

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク