背中ニキビはまず乾燥を防ぐことからはじまる

背中にきびができる要因は、乾燥や寝不足、疲れなどの物理的ストレス、そして精神的ストレスです。大きなストレスによる負荷がかかると、自律神経のうち、交感神経が活発に働きます。交感神経が優位になると男性ホルモンが過剰に分泌され、正常なホルモンバランスではなくなってしまいます。男性ホルモンは皮脂分泌の促進作用があり、角栓の発生に加え、毛穴の縮小を引き起こさせます。PM10時からAM2時の、肌の新陳代謝がアップする時間にしっかり睡眠時間を設けることはストレスをやわらげてくれます。多大なストレスがかかると交感神経が活発化して、背中にきびの原因となる糖質コルチノイドができます。清潔な睡眠環境でしっかり眠ることは、ストレス緩和にも役たちにきび発生をも防ぐ期待できるにきび予防法です。背中にきびへのアプローチは大人にきびと同じくビタミンC誘導体含有のローションや化粧水での保湿、毛穴をふさぐ角質を取り去るピーリングが中央になります。ピーリングはクリニックに限らず、自宅でおこなうのも簡単です。お風呂に入る際ににピーリングローションを使えば、古い角質を取り除くのはもちろん、薬剤を肌に残さず済みます。お風呂からあがったら十分な保湿をおこなうことも大事です。背中にきびの改善や予防のために積極的に摂りたい栄養素としては、ビタミンB群が挙げられます。豚肉・レバー・乳製品などがふくむビタミンB2、カツオやマグロ、そのほか鶏ささみなどに含まれるビタミンB6には、皮脂の分泌を妨げる作用があります。かぼちゃやにんじんがたっぷりふくむビタミンA、ゴマや玄米に含まれる亜鉛、レモンやイチゴに入ったビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。背中にできる大人にきびは、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足、食生活の乱れといった要因があります。自律神経が乱れると、ホルモンバランスも狂ってしまい、肌トラブルを誘発します。ひとまず不規則な生活を見直してみましょう。栄養バランスに気をかけ、ビタミン類を多くふくむご飯をとるなどし、不規則な生活をやめ、充分な睡眠時間を取ることが大事です。背中にきびを阻止したいなら、まず挙げられる原因は、お風呂にあります。洗顔には気を使うけど体のほうはそれなりだという人はご注意を。背中にきびは、自分からは鏡を二枚使ってまで見ようとしない以上、中々目につかない割に、首と背中が開いた服を身に付けると、他人からは結構目立ってしまう、実に厄介な肌トラブルです。背中、二の腕から、お尻や太もも、ふくらはぎなどにブツブツがあるのに気づい立ときは、毛孔性苔癬の可能性があります。またの名を毛孔性角化症といい、古い角質の肥厚化によってできます。にきびのようにも見えますが、細菌による炎症ではない点が大聴くちがいます。その要因は遺伝的要素が強く、年齢を重ねるたびに何もせずとも治るケースも多いと言われています。人間全ての皮脂にはマラセチア菌という常在菌が存在し、このマラセチア菌は人間の皮脂を好むという性質を持っています。中が皮脂でいっぱいになった白にきびの内部は、マラセチア菌にとっては最高の棲家。にきびの内部へマラセチア菌が侵入すると、皮脂を蓄えながら皮脂がふくむトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質に変容させてしまいます。にきびが顔や胸にはなくても、背中にできてしまったにきびだけが悪化している人も多いようです。顔とはちがい、背中にできるにきびは深刻化するまで気がつかない場合も多く、気付いた時にはすでに慢性化し、長い治療が必要となることがあります。ひどくかゆかったり、痛んだりする場合は、出来る限り専門医を受診しましょう。強い炎症を起こし、さらに悪化してしまうと、にきび跡が残ることにもなりかねません。背中を洗う場合には、汚れを落とすためとはいえ、立とえば垢すりタオル、ボディブラシで力強く洗ってはいけません。刺激を強く与えることで肌のバリア機能が低下したり、すでに背中にきびができている場合には、傷を付けて炎症を悪化させてしまいます。汚れや余分な皮脂・古い角質といったものは洗い流さなければいけませんが、優しく、こすり過ぎないようにしましょう。よく読まれてるサイト⇒背中ニキビ保湿クリーム

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク