宅配の介護食は柔らかく舌触りの良さがポイント!

完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。高齢の患者さんの食事がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるものは絶対に出さないと決めました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。少しずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐに食事の用意ができることに気づきました。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。昔からよく食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むたびにむせるようになり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きであるという調査報告もあります。介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。一般的に介護食は柔らかく、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをおすすめします。老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、特に食べるのが困難な方に対しては、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。介護施設によって、どんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、味わって食べられる作り方を老人ホームによっては提供しています。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされています。年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすい材料を使って、食事に無理のない形状に作り変えます。加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事ができるように、介護用の食品には、食べやすさに配慮した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。介護をする方にとって、食べやすい食事を準備するのは大変です。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護をする側もされる側も、どちらにも嬉しい介護食品を活用してみてください。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。食欲がないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆはごはんより多くの水で作られているので、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。そのためおかゆとともに、その他の食材をうまく組み合わせて、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう可能性が高い状態をいいます。そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態になってしまう可能性が高いといいます。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、病院や施設と同じように家庭でも安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。続きはこちら>>>>>介護食 宅配 口コミ

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク