背中ニキビの原因マラセチア菌は人間の皮脂を好む性質を持っています

背中ニキビができる要因は、乾燥、睡眠不足、疲労という物理的ストレス、そして、精神的ストレス。多大なストレスを感じると、交感神経が自律神経のなかでもっとも活発になります。交感神経が活発になると、男性ホルモンの分泌が過剰になり、本来のホルモンバランスが乱る問題が発生します。男性ホルモンは皮脂分泌を促し、角栓の発生、さらに毛穴の縮小まで引き起こす性質を持っています。背中ニキビの治療は大人ニキビと同様に、ローションでビタミンC誘導体を含んだものや化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質を取り去るピーリングを軸にします。ピーリングはクリニックだけでなく、自宅でもでき、簡単に行えます。お風呂でピーリング用の石鹸を使うことで、古い角質を取り除き、さらに薬剤を肌に残す危険もなくなります。お風呂上がりにしっかりと保湿することが大事です。背中や二の腕・お尻・太もも、またふくらはぎなどにブツブツができてしまっているのは、毛孔性苔癬であることもありえます。毛孔性角化症と言われることもあるように、原因は古い角質がぶ厚くなってしまっていることです。ニキビと似てはいるものの、大きな違いは細菌による炎症ではない点です。遺伝的な要因が強く、年齢を重ねていくうちに自然に治っていることも多いといいます。人間の皮膚には必ずマラセチア菌という常在菌がいて、このマラセチア菌は人間の皮脂を好む性質を持っています。皮脂が詰め込まれた白ニキビの中は、マラセチア菌には最も好ましい環境です。ニキビの内部へマラセチア菌が侵入すると、たくさんの皮脂を食べながら増えてゆき、トリグリセリドと呼ばれる、皮脂に含まれる中性脂肪を遊離脂肪酸という刺激物質に変容させてしまうのです。背中にできる大人ニキビは、規則的な生活が送れていなかったり、睡眠が足りていなかったり、食生活の乱れといった要因があります。自律神経の乱れが起きると、ホルモンバランスも狂ってしまい、肌トラブルの原因になります。気になる人は、生活を見直してみましょう。ビタミン類を多く含んだ食事をなど栄養バランスにも気をつけ、規律ある生活を心がけ、充分な睡眠時間を取ることが大切です。背中ニキビの防ぎ方を考えるとき、まず挙げられる原因は、お風呂にあります。洗顔には気を使うけど体を雑な洗い方をしている人は要注意です。背中ニキビは、鏡を二枚使って見ようとしないかぎり、なかなか目につかない割に、首と背中が開いた服を身に付けると、他人の目にはしっかり映る、とても面倒な肌トラブルだと言えます。ニキビが顔や胸にはないはずなのに、背中にできたニキビのみが悪化している人も多いと聞きます。顔とは違い、背中にできるニキビは悪化するまで気がつきにくく、気付くころには慢性化し、長期にわたる治療が必要となることがあります。かゆみや痛みが強い場合は、出来る限り専門医を受診しましょう。強い炎症を起こし、さらに悪化してしまうと、ニキビ跡を背中に残してしまうかもしれません。肌の新陳代謝が活発になる午後10時から午前2時に、しっかり寝ておくことはストレスをカットしてくれます。ストレスの重圧で交感神経が刺激されて、背中ニキビを導く糖質コルチノイドが生成されます。不潔さのない寝具で十分に寝ることは、ストレスをやわらげることにもなりニキビ発生をも防ぐメリットの大きいニキビ予防法です。背中ニキビを治したり、防ぐためにすすんで摂りたい栄養素としては、ひとつはビタミンB群です。豚肉をはじめ、レバー、乳製品などに含まれるビタミンB2、カツオやマグロ、そのほか鶏ささみなどに含まれるビタミンB6には、皮脂分泌を抑えるよう働きます。かぼちゃ・にんじんに含有されたたっぷりのビタミンA、ゴマや玄米に多くある亜鉛、また、レモンやイチゴに含まれるビタミンCは、粘膜、肌を良好な状態に保ち新陳代謝を促します。背中を洗う際には、汚れが気になるからとはいえ、垢すりタオルやボディブラシで乱暴に洗ってはいけません。強い刺激を与えて肌のバリア機能を弱めたり、背中ニキビができてしまっているときには、傷付けてますます炎症させてしまいます。汚れ、余分な皮脂、そして古い角質などはきれいにしなければいけませんが、優しく、こすり過ぎないようにしましょう。

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク